30代の古銭換金

改めて現在までの活動の様子を理解すると、なかなか大変でえらいなあ、と思う。ホームレスの人たちには、愛を持って接する。無理や強制はしない。生活保護、住宅の支援などもする。そのような人たちで亡くなった場合、引き取りがない場合は教会の中の部屋に安置する。

私が30代ころ古銭換金、米国に旅行したことがある。バスを利用しての旅だった。
サンフランシスコのある教会前で炊き出しがあった。私はどういうものか、見たいために列にならなんだ。食事は質素なものだったが、社会の弱者を一時的であれ、弱い人を助ける社会の懐の深さに、なるほどと思った。

今、日本はコロナ禍で失業者や生活に困っている人たちが増えている。子供のための食堂ほか、前出のような団体が炊き出しなどをしている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ