経験した記念硬貨

オフセットフックを使ってワームをセットする。
テキサスリグなどスタイルで、ごく一般的な記念硬貨だ。

このオフセットフックのスタイルは、
スナッグレス性やフックセットパワーの伝達など優れた点が多い。

ただし、その欠点としては、
オフセット部分にセットしたワームへの影響だ。

ミスバイトがあるとずれてしまうことはよくある。
また、それによってワームの先端が裂けてしまう。

そうなってしまったら、交換するしかない。

補修するならライターで炙って溶かすが、
仕上がり決して綺麗ではないだろう。

瞬間接着剤で補修してしまうと、
必要以上に硬化して、フックが通りにくくなる。

そこで、使いたいのは、ワッキーリグなどで使う、
スプリング形状のワイヤーだ。

ワッキーリグで身切れを防ぐものだが、
これをワームの先端からねじ込むようにセットする。

あとは、このバネの真ん中から刺して、
通常通りにオフセットセッティングするだけ。

これでワームのズレは、ほぼ回避できるし、
サカナを釣っても、そう簡単には避けることはない。

ワームが長持ちすることは有難いが、
釣りに対する効率性が向上しストレス回避できる。

細かい作業になってしまうので、
釣行前の一手間として準備しておく方がいい。

テキサス好きには欠かせないチューニングだ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ