秋のメタルジグは記念硬貨

ベイトが滞留するようなエリアを広く探るには、
メタルジグによるリアクションが効く。

サイズが選べないことが難点ではあるが、
それなりに、記念硬貨も反応があって十分に楽しめる。

この時期は、まだバスは浮き気味なので、
軽めのものを使ってゆっくりと落として魅せる。

真冬のようなバーチカルな攻めではなく、
キャストしてから、斜め上にチョンチョンと上げては落とす。

ライトリグでも釣れるサカナではあるが、
メタルジグの方が手返しがいいので結果は上。

エリアさえ間違わなければ反応は得られる。

スレやすさもあるので反応が薄くなれば、
テイルスピナー系に変えて対応するのもいい。

また、最終的にはライトリグで探りきってエンド。

もし、同じエリアにグッドサイズがいるならば、
ラバージグに変えることでバイトを得ることもできるだろう。

サーチベイトとしても十分な役割を果たすメタルジグ。
この時期、デッキにひとつ乗せておきたいタックルのひとつだ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ