発行されている記念硬貨

本来、おカネとは債務と債権の記録です。日本銀行券(現金紙幣)は日銀の債務、銀行預金は銀行の債務、小切手や約束手形は振出者(個人や企業)の債務なのでございますが、社会に流通しているおカネ(暗号通貨除く)の中で、唯一、誰の債務にもならないのが政府が発行している硬貨です。

硬貨は国立造幣局が鋳造し、日本銀行に「交付」します。日本銀行は、交付された硬貨の代金を、政府の日銀当座預金(日銀の負債)を増やす形で支払います。

日銀に移った記念硬貨は、各銀行が自らの日銀当座預金を「引き出す」形で民間に移り、社会に流通していくことになるのです。

というわけで、皆さんがお使いの硬貨は、確かに「誰の債務でもないおカネ」なのです。第ゼロ次グローバリズムの時代、交易に使われた貨幣は貴金属を鋳造したものであり、確かに誰かの債務ではありませんでした。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ