古銭をこの上司

約10年前にいた職場では、よくある光景だった。

私もよく怒鳴られていた。

朝イチで「おはようございます」って挨拶したら、「おはようじゃねぇだろ!」って。

でも、私は当時の上司に対して、尊敬しかないし、それは今でも変わらない。

だから、どんなに厳しい言葉で言われても、何ハラとも思ったことは無い。

今にして思えば、きちんとした信頼関係があったからだと思う。

現に私の前の担当者は、古銭をこの上司の言い方に参っていた。

でもそれは、上司の“期待も込めて”言っている厳しさを、単なる厳しい話と受け取っていたからだろう。

いまの時代、何ハラだー!みたいなのが、まかりとおる。

でも、上司や先輩の厳しさを、期待の裏返しとか、自分の将来の為の苦言と、受け入れるかどうかじゃないか。

20年前のように、先輩の指示には「はい、イエス、喜んで」の3択ではない。

一応、こっちだって「拒否権」は与えている。

だけど、それを使うかねぇってのは正直言ってある。

令和元年も終わろうとする昨今、変わらないのはそこに信頼関係が有るか否か。

部下や上司との信頼関係を築いて、one teamで仕事をしていきたいところだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ