”まあまあな記念硬貨”

キャストで入れようと思うところから外れてしまう。
そこで、まあまあ良しとするかと妥協することもある。

本当は、ミスキャストをしたと気付いた瞬間に、
ロッドを煽ってでも、全く別の場所にルアーを落としたほうがいい。

それが外れているもののバスに気付く距離ならば、
バスは、思わずカバーを離れてルアーを追ってしまう。

そして、カバーから離れたとき、警戒感が高まって、
「おっとやばい記念硬貨だ」といった感じでカバーに戻ってしまう。

そうなると、そのバスを釣ることは難しくなる。

つまり、カバーに付いたバスを狙う場合には、
そのミスキャストで離れたルアーを追わした瞬間に終わる。

そのミスキャストを、まあまあ良しとしてしまえば、
結果としても、まあまあの結果になってしまうといえる。

そして、惰性で投げ出していく捨てキャストは、
まあまあのキャストをもたらす前兆でもある。

キャストするなら釣るつもりでキャストしなければ、
結果として、まあまあの結果になってしまうことに繋がる。

”まあまあ”は、結果も”まあまあ”。

まあまあ良しとする妥協をすることなく、
1キャスト1キャストをしっかりと決めていきたい。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ